医院名:AJクリニック 
電話番号:06-6251-2012 
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋一丁目1番10号プレリー心斎橋4F

片頭痛

頭痛とは

頭痛にはさまざまなタイプがあり、重大な脳疾患の症状として現れることがあるため注意が必要です。また、特に大きな問題につながらない頭痛でも、温めると悪化するもの、冷やすと悪化するものがありますので、ご自分の頭痛について正しい知識を得ることはとても重要です。

頭痛のタイプと片頭痛

頭痛は、頭痛自体が疾患である一次性頭痛と、重大な脳疾患などを原因に症状として現れる二次性頭痛があります。頭痛の9割は一次性頭痛で、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

  • 一次性頭痛
    激しい痛みを起こすことが多い慢性的な頭痛です。一般的な治療では十分な効果を得られないこともありますが、ペインクリニックによる治療が可能です。
  • 二次性頭痛
    原因疾患には、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎などがあり、一刻も早く受診する必要がある頭痛です。

一次性頭痛について

片頭痛

疲労やストレスなどにより、脳の血管が急に拡張することで起こるとされています。ズキンズキンと脈打つような強い痛みが特徴で、吐き気を伴うこともあり、数時間から数日続きます。女性ホルモンが関与して発症するケースもあると考えられており、20~40代の女性は発症しやすい傾向があります。症状がはじまったらできるだけ早く、暗くて静かな場所で安静にすることが重要です。また、トリプタン製剤などの的確な内服によって症状を軽くすることができる場合もあります。
血管の拡張によって痛みが起こるため、入浴などで血行を促進させたり体温を上げると症状を悪化させます。

緊張型頭痛

肩や首の筋肉の過度な緊張が長時間続いて血管が収縮し、神経が刺激されて痛みを起こします。睡眠不足や疲労などストレスも発症のきっかけになります。痛みは後頭部や首筋からはじまって広がっていきます。悪化すると頭に金属の輪を嵌められてそれが締め付けてくるような痛みを感じます。この痛みは長時間続きます。
血管の拡張によって症状が改善するため、入浴・運動・マッサージなど血行を改善させることが有効です。

群発頭痛

目の奥に強い痛みを感じるタイプの頭痛で、それが1~2ヶ月ほど毎日続きます。目の奥にある血管の拡張によって起こるとされており、飲酒がきっかけになって発症することもあります。発生頻度は高くない頭痛ですが、働き盛りの男性に多く、強い痛みが特徴になっています。再発することも多いため、早めに適切な治療を受けるようにしましょう。

一次性頭痛の神経ブロック療法

治療一次性頭痛は痛みが強いケースが多く、薬物療法で思うような効果を得られないことも良くあります。お薬の服用でも、効果があまり得られないときは、ペインクリニックでの治療が有効です。
頭痛を起こすきっかけになっている場所に注射するトリガーポイント注射、神経の近くに局所麻酔薬を注射して痛みを解消し、血行を改善する星状神経節ブロックなど、頭痛のタイプや症状などに合わせた治療が可能です。ブロック注射では、痛みの信号が脳に送られることを抑制して痛みを和らげ、炎症を抑えて興奮して過敏になった神経を鎮めます。これによって繰り返し痛みが起こることを抑制し、神経にダメージが蓄積することを防ぎます。
一次性頭痛は、お仕事や家事がままならなくなるほど強い痛みが繰り返し現れることがあります。睡眠もとれなくなって消耗し、日常生活に大きな悪影響を与えますので、頭痛でお悩みがありましたらまずはご相談ください。

TEL:06-6251-2012 24時間WEB予約
一番上に戻る